【スポンサードリンク】
ランドセルは、幕末に輸入された背嚢が、そのはじまりとと言う説が一般的です。その語源はオランダ語のランセル。 日本でランドセルが学用カバンとして登場したのは明治中期で、大正天皇が学習院ご入学の時、伊藤博文が献上したのが始まりと言われています。

ランドセルの材質には、次のようなものがあります。
★コードバン
馬のお尻の皮革です。 繊維が緻密で、丈夫なのですが、やや重いところが難点です。いずれにしても希少価値のため、高価な素材で、手縫いの高級ランドセルにはこのコードバンが使用されることが多いです。

★牛革
引っ張りに強く、使うほどに手に馴染むためランドセルの素材としてはもっとも一般的に使用されています。雨にぬれた時には陰干しするなどお手入れには気を遣う必要があります。防水スプレーなどを予め利用しておくと良いでしょう。

★人工皮革(クラリーノ)
軽くて、雨に強く、価格も手頃で、最近のランドセルの多くが人工皮革・クラリーノを使っています。ランドセルは6年間使いますので、あまり軽すぎるものを選ぶと高学年になってからのお子様の成長とバランスが悪くなるかもしれません。 コードバンでは1200g前後、牛革で1100g前後、人工皮革で1000g前後が目安です。

ランドセル選びは、お子様の体型に合わせて、選ぶことはもちろん、楽しんで学校に通えるように、6年間大切に使えるお気に入りの飽きのこないデザイン・ブランドなどを選んであげたいものです。



最新のランドセルを一覧↓で見る!
ランドセル 2008


中島商店のランドセルカバー

中島商店の「ランドセルカバー」が、口コミによって広がり大人気となっています。
大人気商品なのが、「透明ビニール地タイプ」のもので、バイアスカラーもさまざまあり、校章付きのランドセルでも、校章が隠れることがありません。
また、新一年生に一番人気なのは、黄色のバイアスカラーを使用したランドセルカバーがです。
A4サイズ対応の「ランドセルカバー」や、B5サイズといった特注品まで取り扱っています。

人気のランドセルカバーのデザインは、「タータンチェック」です。
このランドセルカバーは、薄い生地の上に透明のビニールでおおって製作しています。
この商品は、A4サイズ対応のランドセルに対応しています。
サイズは、横幅が約26cm・縦が約46cmで、価格は1,470円です。

その他に、キルティング材で製作されたランドセルカバーも人気で、黒、赤、紺、緑、水色、ピンクがあります。これらのランドセルカバー価格は1,260円です。

おすすめのランドセルカバーというのは、ビニール地のものです。
透明のビニールで作られており、ランドセルに合ったバイアスカラーを用意しています。
透明ですと、私立小学校などで使用される、校章が付いているランドセルでも、はっきりと校章が見えて安心です。
A4サイズのものから、特注品のものまであります。
実寸サイズがない場合は、注文の際に、要望欄に希望のサイズを記入すれば、そのサイズに合わせてくれるそうです。

中島商店の「ランドセル カバー」というは、全てが受注生産です。
先払いで料金を入金してからの生産・発送となっています。
また、丁寧に一つ一つ手作業で「ランドセル カバー」を制作しているので、混雑時には時間がかかる場合があるようです。
特に3月〜5月の入学シーズンは、とても混み合います。
興味のある方は、早めに注文をしてください。

ランドセルは両肩に背負った時、重さが身体にバランス良くかかるように設計されています。コップ掛け用フックに重い物を下げるとバランスが片よったり、フックが破損することがあります。また、長い紐で袋等を下げていると、周囲のものに引っかかったりすることがありますので注意が必要です。

ランドセルのお手入れ方法】
★革のランドセル
汚れは皮革用クリーナーでふき取ります。水に濡れたときは、よくふき取って日陰で干した後、保革油等で油分を与え、さらにカラぶきをしておきます。
★合成皮革のランドセル
クリーナー又は中性洗剤でふき取り、固くしぼった布で水ぶきをしておきます。

【子供を犯罪から守る防犯グッズ】

 「子供が犯罪に巻き込まれたら……。」
 子供を狙った犯罪が増加している現在、小さなお子さんをもつ親御さんの心配は尽きることがありません。
 地域や学校でも、集団登校を行ったり、防犯ブザーや防犯アラームを子供に持たせたり、地域パトロールを行ったり――と、さまざまな対策を講じています。
 防犯ブザーや緊急事態通知機能が付いたうえ、GPS(全地球無線測位システム)による位置情報伝達機能なども備えた子供向け携帯電話も人気。子供が今どこにいるのか、かなりの精度で手軽に確認ができます。
 GPSと携帯電話・PHSがセットになった商品は、「キッズケータイ」「ジュニアケータイ」「子供用ケータイ」などの名前で携帯業者各社から発売されており、注目を集めています。
 GPS機能が付いているランドセルも開発されており、今後も、子供の安全を守るための防犯対策の主力商品として、GPSのニーズは高まっていくと思われます。

【スポンサードリンク】
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。